マネーパートナーズのキャンペーンは、数あるFX業者を見渡してみても実効性の高い内容となっています。それは新規口座開設と初回取引をした顧客全員に2000円がバックされるからです。

他社のキャンペーンで、もっと高額なものはたくさんありますが、条件が厳しいので初心者にとっては現実的ではありません。それでも上には上があり、外為オンラインはほぼ同じ条件で5000円バックです。それに比べるとまだまだ渋いのですが、既に外為オンラインでゲットしてしまった人間にとっては魅力的です。

マネーパートナーズの場合、取引通貨単位が10000通貨単位なので、スキャルピング目的で、ドル/円で10000通貨を発注して値動き10銭以内で決済すれば、損失が出たとしても1000円以下で、いちおう手元には1000円以上が残る計算です。1000円で何ができるかという命題は残りますが、ゲットした資金を有効に活用したいものです。

マネーパートナーズFXの口座開設

ということで、早速マネーパートナーズの口座を開設してみました。実際日曜日に申し込み手続きをして、メールにて返信あり、特に厳しいチェックもなくすんなり本口座開設の連絡あり。実際に口座開設資料が届いたのが水曜日で、翌日の夜間にクイック入金の手続きをとり、即時証拠金が反映され、取り引準備が完了しました。

クイック入金は本当に便利で、取り扱い時間外という概念がないため、ゆうちょ銀行からの入金が、22時を過ぎていましたが、実際に入金されました。マネーパートナーズFXにログイン後取り引ツールを確認、よくわからない事に驚きました。まず、売買表示が日本語ではなく英語のbitとask表示になっていて、売り買いの判断ができない。Bitが売りでaskが買いなのですが、馴れていないので、瞬時の判断ができない。過去に使ったFX業者で取り引ツールの英語表記はなかったのでとまどいを隠せません。

マネーパートナーズFXnanoでお試し

いきなりのマネーパートナーズFXでの取り引はあきらめて、100通貨でトレードができるマネーパートナーズFXnanoに変更することにしました。たぶんFX業者nanoで、いくら取り引してもキャンペーンの対象にはならないと思われます。実際に確認したわけではありませんのでもしかしたらという思いはありますが、無理でしょう。

FXnanoはマネーパートナーズFXの口座を開いてからさらにFXnanoの口座を開く必要がありますので面倒なのですが、手続き自体は簡素化されており、時間はかかりませんでした。マネーパートナーズFXの口座番号をそのまま使ってログインします。FXnanoは売買損益が発生するれっきとしたFXですが、あまりにも通貨単位が小さいので、他社のデモ取り引と同じ位置づけと考えた方がよさそうです。実際に損失がでますので、デモよりは現実性が高いのですが、それでもお試しFXと言って良いでしょう。