使いやすいチャートが顧客を惹きつける

FXは、市場で為替取り引を個人が行えるということなのですが、やみくもに円やドルを買うわけではありません。一定の法則に基づいて実行するわけですが、その根拠となるのがチャートです。

どこのFX業者でもチャートは無料で使うことができます。システム自体は、システム会社から提供を受けているケースがほとんどなので、類似のチャートになることもありますが、基本的にチャートはFX業者独自のものです。使いやすいチャートであれば、それだけ顧客が逃げないということになり、各社とも使いやすさの追求を常にしており、日々進化していると思われます。

しかし、そのチャート設定は各個人で行わなければなりませんので、チャート設定のやりやすさは重要な問題です。それは設定が難しすぎると、せっかくのやる気が削がれてしまうからです。

外為オンラインの魅力はチャートにあり

そんな中、外為オンラインのチャートの設定は非常に簡単です。まったくの初心者であった自分が経験したので良くわかります。単にチャートの設定と言っても、何をどんな風にすれば良いのか最初からわかる人はいないと思いますが、少し勉強すれば、主なテクニカルチャートの種類程度はわかると思います。これは市販のFX推奨本を買い、ネットで調べれば簡単なことです。

さらに良く調べると、複雑なテクニカルチャートがたくさんあることに気がつきますが、同じことを別のものさしで言っているだけとうことにも気がつくと思います。結局テクニカルチャートの基本は、ローソク足、移動平均線、ボリンジャーバンド、MACD,ストキャドティクスだということに気がつきます。実際他の教材を見てもそのような説明がしてあります。

最大の利点は初心者にやさしい簡単操作

外為オンラインは、その基本設定が簡単です。取り引画面で、まずローソク足を開き、「チャート」ボタンをクリックし、「テクニカルチャート」をクリックすると、その四つのテクニカルチャート設定ボタンが付いています。そのボタンを押しながら各テクニカルチャートを開き、設置してある数値で良ければ、チェックボックスにチェックを入れるだけで設定が完了していきます。その間わずか1分程度です。

デフォルトの数値で本当に良いかどうかは個人の判断ですが、細かいことを言ったらきりがないので、そのデフォルトの設定でも十分使えると思われます。ただ欲を言えば、ローソク足ではなくて、為替のトレンドを素早く反映する平均足の方が望ましいのですが、外為オンラインではその設定はありません。

売買のポイントを見つけるために、移動平均線とローソク足の画面とMACD,ストキャドティクスを同時に見る必要があるのですが、外為オンラインのチャートは、比較的大きなサイズで見られるのと、2時間足や5分足等の画面の切り替えがワンクリックでできるので、トレンドや売買ポイントを素早く判断できる環境が整ったチャートと言えます。比較的初心者にやさしいチャートが、外為オンライン取り引量を支える大きな力になっていることは間違いありません。